ボール保持者の外を回る

オーバーラップで、プレーの選択肢を広げる

ボールを持った選手の外は、ボールを持ってない選手が追い越していく「オーバーラップ」は、サッカーでもよく見られる、おなじみの動きだ。フットサルはサッカーよりもピッチが狭いため、サッカーほど頻繁には見られないが、プレーの選択肢を広げるための有効な方法のーっといえる。

例えばサイドでのl対1でパスコースがない場合に、オーバーラップは効果的だ。オーバーラップで相手DFに迷いを与え、パスコースを作る。また、追い越した味方をオトリにして、逆をつくてドリブルで中に切れ込むなど、攻撃のオプションが生まれる。ボールを持っている選手は、最初からパスを出そうとするのではなく、一度相手に向かつて仕掛けるアクションを入れること。それによって相手は的を絞りづらくなる。

パスの出し手は、パススピードを調節する

オーバーラップでは、ボールを持った選手の外側を回っていくので、内側にいるDFはマークにつきづらい。相手にマークの受け渡しを行う時聞を与えず、瞬間的にフリーになって相手を置き去りにするのが狙いだ。

パスを出すほうは、走っている味方のスピードを考えて、パスの強さをコントロールする。速すぎると追いつけないし、遅すぎるとカットされてしまう。

CHECK1  サイドでの1対1

サイドの1対1で、パスの選択肢がない状況。フィクソがポールを持っている選手の外側を回って、攻撃のオプションと相手DFへの迷いを与える。

CHECK2  外側を回ってパスを受ける

ボールを持っている選手は、オ-バーラップした選手へパス。相手DFがマークの受け渡しをする前に、次のプレーへ移る。状況によっては、ポルを持っている選手が、ドリブルで中に切れ込んでもいい。